読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク在住日本人ギタリストの日記

バンコクの日々の出来事やタイの音楽情報

情報過多は想像力を殺す

www.youtube.com

これから書くのはあくまで個人的な感想やけど、ケミカルブラザース、アンダーワールド、ファットボーイスリム、レディオヘッドビョーク等々の90年代のビッグアーティストが2017年現在も相変わらずロックフェスのヘッドラインってのは違和感がある。時の流れが止まってしまっているみたいだ。俺は世代的にもちろん大好きだけど、もう2017年だ。閉塞感が強すぎて俺の好きなスタイルの音楽の時代は終焉を迎えるのだろうと思うと悲しくなる。もう既に終わってるのかもしれんけど、好きなので生きてるうちは希望を持ちたいもんである。だがしかし、そう遠くないうちにPC MUSICに負けて絶滅してロックはサンプリングネタとしてパーツの一部としてだけ扱われるようになるんだろう。ディストーションギターリフの前時代な空気感が欲しいよね…的な使われ方だ。何もかも薄く軽くなっていく。カート・コバーンの死後、心を揺さぶられたロックスターは皆無だ。もちろん素晴らしい作品にはたくさん出会ったけど、心を撃ち抜かれるような存在は出現していない。

個人的にはロックバンドは2000年以降ほぼ進化していないと思っている。細分化が進んでより音楽的により繊細により先鋭的になったが、ロックンロールがダンスミュージックであった頃に多種多様な観客を魅了していた『強大なエゴが放出するでたらめなエネルギー』を失くしてしまった。初期衝動を失くして頭で考えて作る音楽になってしまった時点でロックは存在意義があやふやになってしまった。結果、中途半端でうるさい音楽よりも観客に快楽を与えることに特化したダンスミュージックが世の中のメインになっていったってのは納得できる結果だ。コアを失くした音楽は美味しい部分だけを商業音楽に吸収されて消えていく。機材の進化とネットでの情報共有でアンダーグラウンドミュージシャンの裾野が広がった結果、ハードコアな次代の音楽を生み出すはずのアンダーグラウンドシーンまで存在意義が曖昧になって衰退しているように見える。例えば日本のノイズシーンは未だに俺の上の世代がイベントのメインを張っている。要するにおっさんばっかりだ。おっさんの方が今の子供より野放しで育ってきているので現代の若者よりエゴが強いんだろう。楽器弾きは先人の作った膨大なフォーマットを学んでそれを消化して演奏して生活の糧を得るだけで精一杯だ。技術があるのに自分の音楽のイメージを持つ余裕がないしそれを生み出す時間もない。情報過多は想像力を殺す。結果、同じようなフォーマットの同じような音楽が作られる。クリエーターは鈍感で自信過剰な阿呆の方が良い部分もあると思う。

俺の人生を変えたパンクに至っては最早ファッション用語的な意味合いで使われている事の方が多い。悲しいが突出した個性は子供の時点で矯正もしくは排除されてしまう昨今、パンクスという種族が存在すること自体が難しいんだろう。とりあえず懐メロでもいいから長生きしてくれ Iggy。最初にライブ映像でIggy Popを見た時の衝撃、パンク専門のレコード屋でチン〇丸出しで歌っているレコードジャケットを見つけた時の驚きは一生忘れられないだろう。まだ世間知らずだった俺は、『こんなんしてええんや!!すげえ!!』と思って人生を踏み外したわけだが、まだ後悔はしていない(笑)

www.youtube.com

フリーの即興ジャムセッションの時に良くある会話。

『何をしたらいいですか?』

『フリーだから何をしてもいいよ。ルール無し。やりたいようにやって』

『え!無理です!何をやったらいいか指示してください』

『指示したらフリーじゃないじゃん。じゃあ、誰の音もフォローしなくていいので、まず自分の一番得意なことをやって、その後は気分次第で』

『それじゃ演奏が合わなくないですか?』

『合わせなくていいんだよ。みんな好き放題やってりゃそのうち合う時が来るから。もし合えばその時は今まで聞いたことのないバランスの新しい音楽になる。ただ、やるからには思い切りやってね。じゃないと悩んだ音になって見てる人が退屈するから』

『思い切り好きにやる… 私にできるでしょうか?』

『人それぞれやからやってみないとわからないね。極端な話をすると、何も出てこなけりゃ弾かなくてもいいよ。カウンターで演奏見ながら酒飲んでてもかまわない』

『はい … あぁぁできるかなぁ(頭を抱える)』

同じような会話を繰り返しつつ、来る前に心構えだけでもきっちり作ってきて欲しいなと毎回思う。ステージで悩むくらいなら断ればいいのだ。だいたいは向こうから参加したいと言ってくるんだし、最低限のコンディションは作って来るべきじゃないかな。スポーツ選手が試合前にトレーニングをするのと一緒だ。臨機応変に動けないと試合にならないわけだし。

フリーはフリー。曲は曲。アプローチが180度違う。セッションの後で興奮できた奴は自分の中になにか表現したいことを持っている奴だ。そうでない奴は曲をしっかり演奏するのが良い。フリーのセッションができなくても生きていくのに何も問題はないし、何事も中途半端が一番よろしくない。

www.youtube.com

最近リッチなタイ人の趣味としてジャズやロックの名盤をレコードで収集することが流行っている。 SNSにコミュニティーもできていて、日々名盤レコードがアップされている。庶民には手の届かない値段の楽器もけっこう売れているそうだ。その割にはNU-JAZZとかNu-Soul的なバンドはまだ見たことがない。音楽大学を出ているジャズの基礎を勉強したリッチな若手ミュージシャンは多いし、若い連中はオシャレさんが多いわけだし、服装もばっちり決めてタイ語でオリジナル作って演れば良いのに…と思う今日この頃だが、総じてこの街ではFUNKやSOULといったブラックミュージックを聞く機会が少ない。理由はわからない。

www.youtube.com

ろくでもない一日のような、そうでもないような

www.youtube.com

今日からライブの無い夜はASIATIQUEで演奏しようと機材の準備を整えて、演奏許可をもらう為に資料とパスポートを携えて、渋滞を避けて早めに部屋を出て予定より早めに現場着。小雨が降っていた…けどこれならなんとか弾けるだろうというレベルだったので、とりあえず許可を貰うために ASIATIQUE Asiatique The Riverfront in Bangkok - Bangkok.com Magazine のオフィスへ。

事務所の入り口でスタッフを呼んでなんだかんだ交渉開始。タイ語で説明しきれなかったもんで、英語のできる女性スタッフを呼んでもらってさらになんだかんだ。『OK。わかったわ。じゃあ明日からね』『え!今日はダメ?機材持ってきてるんだけど…』『今日は責任者がいないので無理です。許可が取れたら後程メールします』と、いうわけで無念ではあるが、先月末から本当にツキの無い負のサイクルに入っている俺である。経験上、こういうツキの無い時は素直に人の言うことを聞くべきだ。下手に足掻くと、より悪い結果につながったりして目も当てられない。なので、お礼を言ってとりあえず返事を待つことにした。

話が終わって外に出ると、ジャルン・クルン通りは既に毎度お馴染み大渋滞が始まっていたので、40キロほどある機材バックを振り回しつつ船着場からシャトルボートでタクシン橋の船着場まで移動。階段を必死で荷物を担ぎ上げてBTSに乗り込んだが時間的にラッシュ全開で荷物が半端なく邪魔。仕方ないので周りの皆様に愛想を振りまきつつ凌いでサイアムで乗り換えの時もえらいこっちゃである。ホームに溢れる人波をかき分けて、2本乗り過ごした後で何とか乗り込んだ。すると、俺の目の前にスマートフォンの画面が差し出されて画面を見ると俺のFBページ。最近どこかで会った爽やかな20代ハンサムタイ人男子が、『すいません。あなたはこのKOTAさんですよね。僕はこの前ライブを見てからあなたをフォローしています。またライブを観に行きたいのですが、今日はこれからどこでやるんですか?』バンコクの若い音楽好き男子は基本的にみんな本当に良い子で礼儀正しく爽やかである。正味な話、失礼な子に会ったことがない。 

『ありがとう。でも今は帰り道なんだ。今日は夜の演奏予定が無くなってしまって今がっかりしてるんだよね』『残念ですね…次はいつなんですか?あなたの演奏スタイルは…』てな感じでロックバンドのギタリストだという彼はその後もキレイな英語でテンション高く長々と俺の演奏を褒め称えてくれたが、40キロの機材を持って行ってスゴスゴ帰るタイミングがラッシュ時で、デカい荷物を抱えて皆さんに完全に迷惑をかけているめちゃめちゃ間の悪い男には、嬉しいけどこっ恥ずかしいという複雑な時間だった。

日本ではSNSの友人リクエストにはメッセージを添えて…ってな固いことを言っているが、こちらではぜんぜん関係なくて興味があれば知らない子でもガンガンリクエストするしリクエストが来るので俺も3年間であっという間に知らない友人が増えた。タイで会った友人が2000人を超えた去年の中頃くらいから、移動中にタイ人の若いバンドマンやライブ好きから電車内や街中で急に声をかけられる機会が増えた。俺の音楽が好きだと言ってもらえるのはもちろんとても嬉しいしありがたい。でも、基本が人見知りの話下手なのでどう対処していいのやら困る。できることなら気の利いた話ができるようになりたい。

www.youtube.com

15分ほどの間にいろいろ話したが、真面目に反省させられた事がひとつ。わざわざ話しかけてくれてライブを見たいって言ってくれている若いミュージシャン達にライブの情報がぜんぜん届いていない(印象に残っていない)ってのはかなりよろしくない。けっこうな回数なんだかんだと書いてるにも関わらず肝心な情報が伝わってないってのは遺憾。終わっとる。改善だ。

www.youtube.com

改善と言えば、タイに『改善』って和食レストランがある。あくまでイメージだけど、オーナーは日本人ではないだろう。『MUTEKI』って和食レストランもある。これもオーナーは日本人ではないだろう。『すいか』っていうブランド名の服のメーカーもある。オーナーは日本人では…。東南アジアには変な日本語の店の名前や看板等々たくさんあるが、バンコクで見て一番謎だったのは妙にメジャーな感じでみんながTシャツを着ている『Superdry (極度乾燥しなさい)日本人が知らない世界超人気ブランド「Superdry極度乾燥(しなさい)」の謎 というわけのわからない日本語のブランド名だったが、これはタイじゃなくてイギリスのブランドで、日本に旅行に行った時に飲んだアサヒスーパードライに感動してつけた名前らしい。どっちにしろどないやねん。

生きるってのは大変だ ー2012年の日記よりー

f:id:amatutitaki:20170404104456j:plain

2011年の9月にバンコクに移住した。その年の洪水の影響で就く予定だった仕事が急に無くなり、先行きが不安な上に機材をほぼ全部叩き売って部屋も引き払って来たもんで帰る場所もないし音楽やるにも機材もない…ってことで完全にテンパって新たな仕事を作ろうと右往左往していた5年前の日記。今の自分と感じ方がだいぶ違っていて新鮮だなと思ったもんで載せてみる。この頃は日本を出て半年ほど経ったころで、けっこう重度のホームシックにかかっていてさみしいって話ばかり書いている。

 

2012年4月9日

完全に疲れていたのだけど、いや疲れ過ぎていたからなのかな?とにかく浅い眠りで何度も夢を見ては目が覚めるばかりで朝が来てしまった。見る夢といえば誰かと一緒に平和に眠っているという夢ばかりで、どうも例のごとく「さみしい」が形を変えて訪れているいるようだ。今回は夢なので誰にも迷惑がかからなくて良いが。その一緒に眠っている相手が毎回変わっている上に記憶にない見知らぬ誰かだというのは心理的にどうなんだ?と明けていく街を見下ろしながらよくよく夢の中の相手を思い出そうと考えてみたがやはり思い当たらぬ。一般的に夢に観るのは今までの記憶から構成されるイメージだというが、はっきりと思い出しても知らない顔なんだけどね・・・まあ夢だし曖昧なもんだ。

「あたたかくてやわらかいものをさがしている。」

3度目の夢から覚めた時に気づいたが、これは子供の頃に感じていた母のイメージだ。思い当たるフシがたくさん出てきたが俺は多分母親のいないマザコンなのだな。たちがわるい。動物がくっついて眠るように何かに触れていたい。今までは一人の夜も猫達が常に俺を寂しさから救ってくれていたわけであいつらに深く感謝しなくてはいけない。統計とったら多分はっきりと出ると思うけど子供の頃に母親に十分触れて育った奴はそうでないやつに比べてあまり恋人や友達にべたべたしないだろう。足りないかったからずっとさがすのだな・・・てなことを考えたのはBARで会って友達になったNidの過去から今に連なる生活を知るにつれて徐々に認識してわかってきたと思ったことが俺の想像をはるかに超えていてまだ何もわかってないじゃんと愕然としたからで、果てしない階級社会の負の連鎖に太刀打ちするには果てしなくポジティブじゃないといけないんだなと・・・マイペンライは深い言葉だ。俺は中途半端にアッパラパーで中途半端に悩む。ぬるすぎるぜ。

f:id:amatutitaki:20170404105957j:plain

今日はタイ国王のお姉さんの命日ってことでお酒が禁止の日なのでBARは基本お休み。昨夜もROCK BARに飲みに行ったらスタッフのNidが「コウタお腹が減った」というので屋台の安いご飯を ご馳走した。するとそれこそ野良猫の勢いで食べていたので、「なんでそんなにお腹が減ってるの?」と聞いたのが俺を驚かせて混乱させた話の始まりだった。個人的な話なので内容は書かないが、彼女は笑っていたが俺ならもう死んでるかもしれんってな内容だった。確実に心が折れる。最終、明日休みならご飯に行こうって話になって、俺の行ったことの無いタイ人ばっかりのところへ連れて行くことを条件にNidと夕食を食べる約束をした。
待ち合わせ場所に一時間遅れてきて、さすがに俺は帰りかけていたけどそれにはまた理由があったりしてこれまた書けない内容のカルチャーショックである。謝りながら現れた時は人なつこい猫みたいに過剰にすりすりしてたけど、ほとんどタイ人しかいないめっちゃでっかい食堂で山盛りの肉とエビを食べて、お腹いっぱいになると一瞬で俺から興味を失うところもうちの猫たちと一緒だったな。おもろい。

「ありがとうコータ!お腹いっぱい!友達と遊んで来る!」と嬉しそうに帰って行ったのでとりあえず俺はスコールのあとの水蒸気でふやけた月を眺めながらふらふらと散歩して帰った。通りがかりついでに歩いたソイ カウボーイはBARがほとんど閉店していて真っ暗で、住み込みの女の子達がイサーンの歌を聞きながらまったりしていた。いろいろあるけどそれでも日々は往くわけだ。

 

俺はこの時期に楽器が弾きたくなるとソイ・カウボーイの場末感漂う ROCK BAR のBANDに乱入して夜な夜なブルースやロックを弾いていた。自分のライブをやるようになって人に会う機会が増えるとほとんど行かなくなってしまったが、何かの機会に店の前を通りかかると今でもスタッフに声をかけられるし、バンドのメンバーに街で会って話をしたりもする。とにかくこの店ではタイ語のレッスン代わりにスタッフのおばちゃんたちと話をして、飽きると古いロック/ハードロックの名曲を弾いて酩酊して沈没しかけているファランのおっちゃん達にビールを奢ってもらっていた。

www.youtube.com

文中のタイ人の女性Nidとはもう長い間会っていないが、数年前に街で会った時は彼女はファランのやさしそうな男性と子供と3人で歩いていた。幸せそうでよかったなぁと思ったが、彼女が声をかけてくれるまで俺は彼女が誰だかわかっていなかった。全身整形ってすごい。顔も体型も変わっていてまったく別人だった。

 

 

Shade of Retro [Sweet Sixteen Party]

www.siam2nite.com

日曜のパーティーが記事になっていた。俺は前回の日記でなんだかんだ反省していたがそれはあくまで個人的な話でパーティー自体はお客さんもたくさん来ていたし、店の雰囲気も良いし、たくさんのミュージシャンがお祝いの演奏に来ていて素晴らしいパーティーだった。

 

 

最良の状況を作れていないことに自己嫌悪する

f:id:amatutitaki:20170327135034j:plain

写真は土曜日のRendezvousの様子。

MathewとDJのシンキチくんと写真には写っていないが前方に桜井響くん。予定外のセッションだったけど、リラックスした雰囲気で悪くない感じだった。しかし、最終的には各々のソロの方が間違いなくクオリティーが高いと感じたので、セッションとしては最高の結果ではない。長い年月の間に相当な数のセッションをやってきたが、未だにどうようにするのがベストなのか結論は出ない。ただ、ソロでは起こりえない奇跡のような瞬間を過去に何度も経験したので、その可能性を考えるとやめられない。ただ、演奏者皆が音楽の可能性を信じていないとそれは実現できない。俺のやるべきことはそれを言葉ではなく演奏で体現することだ。単純にまだそれを共演者に伝えるには腕が足りないんだろう。

www.youtube.com

こんな真面目な反省話を書いているのは昨夜も演奏者としてありえない選択ミスをしたからだ。2夜連続で目に見える結果を出せないってのは流石に反省せなしゃーない。

昨夜は毎度おなじみ押せ押せのタイムスケジュールで40分の持ち時間が30分に。さらにその持ち時間を2組のアーティストで分けたのだけど、接待的な気分で自分に不利な条件を飲んでしまった。冷静に考えて自分がやりにくい状況であるのに、それを飲んだ自分の甘さにうんざりする。自分に振られたステージを自分で譲ったみたいなもんである。その上、10分でも結果は出せるのにそれを実現できなかったステージ構成の甘さとか不器用さにもうんざりする。だいたい自分から前座に回るなんてのは緩すぎる。今すぐ死ね俺。ぬるいんじゃやめてまえボケ…等々、昨夜から自分に対する罵詈雑言が延々脳内で炸裂している(笑) 演奏に人の良さはなんの意味もない。結果だ。パフォーマンスに最良の状況を作り出すのも演奏のうちなのだ。良い人だとか優しいなんて言われてもクソの役にも立たない。実際演奏したが苦い気分だけでポジティブなものは何も残っていない。これでは遺憾。こんな間抜けは一度死んで出直した方が良い。

www.youtube.com

とりあえず飽きるまで自分を罵倒したら次に向かう。

演奏は悪くない。その他の部分に大幅な修正が必要。

本日は以上。

Rendezvous at BAR 12×12 (Thonglor 18/1)

f:id:amatutitaki:20170325143650j:plain

Rendezvous】at BAR 12×12 (Thonglor 18/1)

今夜はトンローの BAR12×12 で長時間のアンビエントセット。営業時間中弾き続けるというコンセプトの企画で不定期開催中。先月は日本からたくさんのアーティストが来タイしていたのでやらなかった。

基本的に通常営業中のお店ではオリジナルを演るミュージシャンはやりにくい。集中して聞いてくれないし…音楽を聞きに来たわけじゃないからね…音がデカいとすぐ怒られるし…そらそうやな…おまけに人が動かない分、状況的にはストリートよりやりにくい。ストリートは聞きたくない人はその場を離れれば良いのでまだ楽だ。

そんなわけでひじょうにキビシー感じなのだけど、俺はこれが結構楽しい。

同じ空間にいる不特定多数のお客さんとスタッフの動きを視野に入れて話し声やグラスや食器の触れ合う音や同じ空間で起こっていることを意識してそれに対してアプローチするってのは、セッションの相手がミュージシャンではないってだけでフリーセッションとほぼ同じ状況だ。バランス感覚とか最低限で効果的なボリュームコントロールを鍛えるのによい。ただ、爆音轟音でしかやらないとか静寂の中で繊細な表現をしたいというようなこだわりのある奴はわざわざやる必要はない。誰も得しないし、お客さんやお店のスタッフと揉めるだけでなんの意味もない。俺も最初は慣れるまで良く怒られたり文句を言われたりした。デカい音が好きなので俺が俺がって感じになりがちだったのだ(笑) ライブとは違って不特定多数の普通の方々が楽しみに来ているプライベートな空間で好きな音を出そうってわけで、やっぱりそれなりの優しさとかクオリティーは必要なのだ。乱暴な音で皆さんの素敵な夜を台無しにしてはいけないのである。

www.youtube.com

そんな感じで様子を見ながら、突然短いノイズを放り込んで驚かしてみたり、聞こえるか聞こえないかのフワフワした音で存在感を消してみたり、思い付きでPOPSを放り込んだりしながらゆるやかに夜は深まっていくわけです。

今夜は途中で Mathew というフランス人が1時間ほどマシンドラムでセッションに参加する。テンションが高くてものすごい高速でしゃべる。しゃべりだすとこちらが落ち着けと止めるまで止まらない(笑)どうなるんやろ…まあ楽しんでいこう。

 

たまには目線を変えた方が良い

f:id:amatutitaki:20170320184431j:plain

俺は敬虔な仏教徒ではないけれど一応自分は仏教徒だと思っている。たまにお寺に行くと気持ちがリフレッシュされるのでふらっと行ってはしばらく本堂のど真ん中に座る。昔から変な癖があって部屋の中心を確かめたくなる。中心を決めて仏像の位置とか照明の位置が芯ずれしていないかとか確かめたくなるのだ。そのかわり、お寺の名前だとかなにが有名なのかとかはほぼ何も気にならない。とりあえず小さかろうが大きかろうが雰囲気が気に入ればどこでも良い。写真は今までで一番壁の絵の細工が素晴らしかったアンポワーのローカルなお寺。レリーフの保護の為に普段は締めきっていて見られない内部の美術を幸運にもゆっくり見させてもらった。お寺の人が『お前わざわざ日本から見に来たのか!?』という感じで盛り上がって見せてくれたので、たまたま通りかかったとかバンコクに住んでいるってのは内緒にした(笑) 今のところ一番心に残ったのはこのお寺だ。こんな精緻な細工を時間をかけて造り出す人間ってのはほんとうにすごい。この『手』のおかげで人間は進化したわけで、全世界的に職人にはもう少し敬意と金を払うべきだと思う。このままだと虚構の中で金を生み出す人間しかいなくなってしまうと素晴らしい手仕事を見る度に思うのだ。

ビザの関係でよくいくビエンチャンにも気に入っているお寺がいくつかあって時間ができるとふらっと歩いて行ってみる。タイよりも古いお寺が多くてお坊さんがワイルドでかっこいい。チェンマイにもとても良い佇まいのお寺がたくさんあって木造の建築が特に美しい。そのうちチェンライにもお寺を見に行ってみたい。バンコクのお寺は綺麗なんだけど金ピカ成金趣味で土着のアニミズムやらバラモン教やら土地柄なのかいろいろな国の宗教のエッセンスが混ざっているカオスな感じで日本のお寺とはまるで方向性が違うのが興味深い。個人的にはこの曖昧でなんでもありな感じが仏教の良いところだと思っている。

今日はエカマイの駅前の改装したてで金ピカド派手なお寺でゆっくり座ってみた。街中だけど良い風が吹いていてやっぱり特別な空気が流れていて、心の風通しも良くなったような気がした。

www.youtube.com

ここのところえらく首が痛いし肩がこるなぁと思っていたが、どうやら原因は3カ月前からやっと使い始めたスマホだ。それ以前は小さな旧式の携帯電話とi-padだったので必要な時以外は持ち歩いていなかったがi-padが壊れたもんで変えたんだけど、要するに首の痛みは小さい画面をうつむいてのぞき込んでいる時間が増えたのが原因だった。勢いでスマホを捨てそうになったが、見なけりゃいいやってことで意識して使う時間を減らして街を見るようにしたらマシになった。

昨夜、近所の屋台に食事に行ったら隣の席のタイ人のカップルがそれぞれイヤホンをしてスマホで別々のテレビ番組を見ながら食事していてかなりビックリした。彼女と夕食に来ているのにそんな状態って想像すらしたことなかったし…まあ人それぞれやりたいようにやればいいんだけど、ここのところは俺も食事中にネットのニュースとか見ていたので周りを見ていなかったんだな…と反省した。身の回りでもいろいろなことが起こっているのに画面に夢中で気づいていないってのはもったいない話だよな。せっかく異国で生きてるんだしまだ知らないこともたくさんあるわけだし。

www.youtube.com

先日、FBでベース弾きの先輩の紹介していたNEO SOULのギタリストCharles Berealのこの曲を聞いて以来、『めちゃかっこええ音!』と久しぶりにギターの音色とフレーズにドハマりしてひたすら繰り返して聞いている。20代の頃はACID JAZZが流行っていた影響でけっこうFUNKやSOULも聞いていたんだけど、即興を始めてから音楽自体を聞かなくなっていたもので、最近の曲やアーティストをぜんぜん知らないなぁと思って今いろいろ聞いてみている。すると刺激されたのか最近じゃ思いつきもしなかった新たなフレーズが生まれたりするのが楽しい。何かに集中すると気づかないうちに視野が狭くなってしまうけど、柔軟さを失くしたら遺憾なぁと思う今日この頃である。