読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク在住日本人ギタリストの日記

バンコクの日々の出来事やタイの音楽情報

最良の状況を作れていないことに自己嫌悪する

f:id:amatutitaki:20170327135034j:plain

写真は土曜日のRendezvousの様子。

MathewとDJのシンキチくんと写真には写っていないが前方に桜井響くん。予定外のセッションだったけど、リラックスした雰囲気で悪くない感じだった。しかし、最終的には各々のソロの方が間違いなくクオリティーが高いと感じたので、セッションとしては最高の結果ではない。長い年月の間に相当な数のセッションをやってきたが、未だにどのようにするのがセッションとしてベストなのか結論は出ない。ただ、ソロでは起こりえない奇跡のような瞬間を過去に何度も経験したので、その可能性を考えるとやめられない。ただ、演奏者皆が音楽の可能性を信じていないとそれは実現できない。俺のやるべきことはそれを言葉ではなく演奏で体現することだ。単純にまだそれを音だけで共演者に伝えるには腕が足りないんだろう。

www.youtube.com

こんな真面目な反省話を書いているのは昨夜も演奏者としてありえない選択ミスをしたからだ。2夜連続で目に見える結果を出せないってのは流石に反省せなしゃーない。

昨夜は毎度おなじみ押せ押せのタイムスケジュールで40分の持ち時間が30分に。さらにその持ち時間を2組のアーティストで分けたのだけど、接待的な気分で自分に不利な条件を飲んでしまった。冷静に考えて自分がやりにくい状況であるのに、それを飲んだ自分の甘さにうんざりする。自分に振られたステージを自分で譲ったみたいなもんである。その上、10分でも結果は出せるのにそれを実現できなかったステージ構成の甘さとか不器用さにもうんざりする。だいたい自分から前座に回るなんてのは緩すぎる。今すぐ死ね俺。ぬるいんじゃやめてまえボケ…等々、昨夜から自分に対する罵詈雑言が延々脳内で炸裂している(笑) 演奏に人の良さはなんの意味もない。結果だ。パフォーマンスに最良の状況を作り出すのも演奏のうちなのだ。良い人だとか優しいなんて言われてもクソの役にも立たない。実際演奏したが苦い気分だけでポジティブなものは何も残っていない。これでは遺憾。こんな間抜けは一度死んで出直した方が良い。

www.youtube.com

とりあえず飽きるまで自分を罵倒したら次に向かう。

演奏は悪くない。その他の部分に大幅な修正が必要。

本日は以上。