読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク在住日本人ギタリストの日記

バンコクの日々の出来事やタイの音楽情報

アムステルダムで買った羽根飾りをタイでカスタムした話

f:id:amatutitaki:20170302141513j:plain

昨年の11月末にアムステルダムに滞在中にコーヒーショップの立ち並ぶ通りをひとりで散策していたら白髪の品の良いおばあさんがやっている奇抜でカラフルな衣装の並んでいるお店をみつけた。扉を開けて入ってみると、まさにヨーロッパの舞台衣装って感じのデザインが多くてオールハンドメイド。女性向けの店だったので服を買うのは無理がある。派手な女性向けの服を無理しておっさんが着ると見た目おばちゃんになってしまったって悲惨なパターンを過去に見たことがあるし(笑)

でもアクセサリーは面白いデザインが多くてステージで身に着けられそうなものがいくつかあった。天井から吊り下がっていた黒い大きな羽根のピアスがとても気に入ったが羽根飾りが大きすぎるしフェミニンな感じで、短髪で見た目が中性的でもない俺には確実に似合わない。さてどうしよう…でもいいなぁ…こんなん今まで見たことないしなぁと悩みながらじっと見ていたら、店の奥に座っていたおばあさんが話しかけてきた。

『特別な女性へのプレゼント?』

『いえ、僕が気に入ったんです。ただ、僕には大き過ぎるかなと思って』

『そうね…男性には大きすぎるわね。この店のものは全部私が作ったのよ。だからあなたが気に入ってくれただけでも嬉しいわ』

『ぜんぶ面白いデザインで好きです。これは舞台衣装なんですか?』

『そうよ。私は以前は舞台に出てたの』

普段ほとんど衝動買いはしないんだけど、こういう流れになると何か意味があるような気分になって手に入れたくて仕方がなくなる… で、少々高かったけど買ってしまった。

f:id:amatutitaki:20170302141537j:plain

バンコクに戻ってから耳に着けてみたが、予想通りまあ似合わない。髪を伸ばしたらどうだ?とかいろいろイメージしてみるがどっちにしろ似合わない。仕方がないので使うのは半ばあきらめて壁の棚に吊って毎日なんとなく眺めていたある日、バンコクで出演するイベントの会場がええ感じのレストランだったもので、普段より衣装に気を使わなあかんかなぁとボヘミアンタイの締め方やらデザインについて調べていたら、吊り下がった黒い羽根が目に入って、同時にいつも着けている真鍮のネックレスを作ったアクセサリー作家で絵描きのブランの事を思い出した。お!!いけるんちゃうか!?ってことで、ちょうどその後すぐに彼女が出店するイベントにピアスを持って行ってリメイクをお願いした。

f:id:amatutitaki:20170302133447j:plain

一昨日、ブランから『KOTA、できたよ!』という写真付きのメッセージが届いたので、昨夜 FATTY'S BAR https://www.facebook.com/fattysbardinerというブルーチーズハンバーガーの美味いLIVE BARでブランに会ってそれを受け取った。ゴスっぽくて良い感じ。イベントやパーティーでしか会ったことがなかったので初めてゆっくり話してみたら、実は彼女は日本の漫画のオタクだった。バンコクで3年近くレンタルコミックショップの店長をやっていた俺がビックリするくらい詳しくて、しばらくマニアックな漫画の話ばかりしていた。アクセサリーのリメイクの値段は笑ってしまうくらい安かった。いつも本人に言うんだけどあまりにも商売っ気が無さすぎる。なのであえて値段は書かない。彼女のブランド ayuyaan は移動商店で、サイアムスクエアや各種パーティーに出店している。興味のある人は検索してアクセスしてみると良い。タイの人たちはなんでも自分で作るし修理、改造してしまう。手先が器用なんだろう。リヤカーとバイクをくっつけて屋台にしたり、洪水の時はバイクのフレームを改造して水の上に出るように車高2mくらいの高さのバイクにしてしまったり(笑) 発想がめっちゃ自由で驚かされる。

ブランの描いた絵。イカ墨で描いてるらしい。

f:id:amatutitaki:20170302165936j:plain

話には関係ないけどこのバンドええ感じやしかわいい。

www.youtube.com