バンコク在住日本人ギタリストの日記

バンコクの日々の出来事やタイの音楽情報

Carrier Wave - Stylish Nonsense x TPSM x KotaTaki x Tengger

f:id:amatutitaki:20170716113552j:plain

20日の木曜日は12×12で開催のこのイベントに出演する。ソロをやるのかセッション中心なのか詳しく聞いていないんだけど、どちらにしろ良いアーティストが揃っていて面白い夜になるでしょう。バンコクにいる方は是非遊びに来てください。チケット限定なので予約してください。

FBのイベントPAGEはこちら。

Carrier Wave - Stylish Nonsense x TPSM x KotaTaki x Tengger

Carrier Wave
Limited Ticket 400THB for 50 audiences only, 
recommend advance ticket please contact or message direct to Stylish Nonsense's inbox
this July 20th Thursday, 2017
at new 12x12 Bar Thonglor Soi Thararom2. 
/ Door open at 8pm / showtime start at 9pm end at midnight
Don't miss this music journey experience.

www.youtube.com

ヨーロッパツアー後の Stylish Nonsense はバンコク帰還後も精力的にライブ活動を繰り広げている。今回の主催者は彼等だ。

今回のイベントの出演者として認識するまでよく知らなかったタイのアーティスト The Photo Sticker Machine はとても洗練された音で女性ボーカルの声もクールで良い雰囲気。今回はギタリストが参加するはず…内容の確認が甘いので曖昧(笑) いろいろ曲を聞いてみたが、良い曲が多いので、もし機会があったらバンド編成のライブを観に行ってみたい。

www.youtube.com

そして韓国のアーティスト Tengger 。彼等は前回バンコクに来ていた時に面識はあるが実際に音を聞くのは初めて。よく考えたら韓国出身の韓国のアーティストとやるのも初めてだな。日本でも活動しているようなので知っている人もいるかもしれない。

参考にと思っていろいろな音源をチェックしたらスタイリッシュとT-BONEとSticker Machineのかなり前のセッション映像があった。2007年の音楽番組の映像。

 

ここのところ音楽の在り方についていろいろ考えていましたが、

最終的には BE HERE NOW ! ってことでおちついたので、

今ここにしかない音を奏でるという一点突破で集中していってみたいと思います。

本日は以上。

ライブスケジュール

f:id:amatutitaki:20170709131049j:plain

2017/07/13(Thu) 20:00~

ººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº
Yantra Mandir X Amatuti Dub Drawing Space
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº
Jerom El Duderino VS Kota Amatuti Taki
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº
Live Ambient & Experiemental Music
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº 
@ Twelve By Twelve - Thu. 13. July
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº
200B Entrance
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº

f:id:amatutitaki:20170709131102j:plain

STYLISH NONSENSE proudly to introduce these great pioneers and musicians who gonna do collaboration for this concert "Carrier Wave" host by "come on is such a joy" at 12x12 Bar

"TENGGER" (from Korea), “electronic/psychedelic drone duo of musical travellers” (presently they have third member is their beautiful child)

formed under the name of "10" in Oct, 2005 Korea and has been touring extensively in Asia (Korea, Japan, China, Singapore, Malaysia, Thailand, Philippines, Vietnam, Indonesia), Europe (UK, Ireland, Iceland, Sweden, Spain, Portugal, Italy, Belgium, France, Germany, Czech), USA (east coast). THE WIRE, TimeOut, WFMU, Resonance FM, to name a few, introduced their music to Europian and American experimental music fans. 

"TENGGER" in Mongolian it means infinite sky, while in Hungarian it means ocean. 

As TENGGER, they are doing many projects about the sound art and analogue interactive performances.

https://www.facebook.com/tenggerland/
http://tengger.net/
https://www.youtube.com/watch?v=2lasXwORi7U

"KOTA TAKI" aka "AMATUTI DUB DRAWING SPACE" (from Japan presently base in Bangkok)
Electric guitarist (musical improvisation) /Composer/Song writer

Japanese born in 1969. Learnt classic piano since 1974 for 10 years. Composed since 1984 and started original song writing since then. Major debut from VICTOR ENTERTAINMENT (JAPAN) singed an exclusive artist contract in 1998. Solo career from 2003 and performed "Dub drawing space musical improvisation" about 1,500 times all over Japan. Immigrated to Thailand in 2011 and started musical activities from 2013.

https://www.facebook.com/kota.amatuti.taki/
https://www.youtube.com/watch?v=kD5Agm-H3Kg
https://soundcloud.com/kota-amatuti-taki/01-harenohi-01-2004

"Vichaya (s) Vatanasapt" AKA "The Photo Sticker Machine", Thailand legend electro-dub-lounge producer /composer, won Suphannahong National film awards for best film score over and over (2014-2016)
https://www.facebook.com/tpsmstudio/
https://www.youtube.com/watch?v=oE2Wgpg_GDQ

and on this July 20th the concert and collaboration with Stylish Nonsense will happen in Bangkok at 12x12 Bar Thonglor Soi Thararom2. If you are in Bkk, Don't miss this music journey experience.

Limited Ticket 400THB for 50 audiences only 
/ Door open at 8pm 
show start at 9pm end at midnight

recommend advance ticket please contact or message direct to Stylish Nonsense's inbox

more history and credits of Tengger oversea performance
Opening Acts : Lightning Bolt, OOIOO, Xiu Xiu, Sun Araw, Carsick Cars
Collaboration Artists : Li Jienhong, Li Daiguo, Shou Wang, Xiao He, Vavabond, Li Tieqiao, Sulumi, Yan Jun, Choi Taehyun, Kuang Program, Danpyunsun, Park Hoonmin, Miiin, Tenderign, Lee Hanjoo, Brown Wing Overdrive, Matthias Erian, Gil Dionisio, Doddodo, Ryosuke Kiyasu, Sato Yukie

Festivals : Dashanzi Internatonal Art Festival (2006 Beijing), 2pi Festival (2007 Hangzhou), Midi Festival (2006,2007,2008 Beijing), Experimentaclub (2007 Madrid), Infamous Carousel (2007 Paris), La Gaite Lyrique (2011 Paris), Manpower Festival (Lisbon 2014), Otherworlds (2016 Blackpool), Les Siestes Electroniques (2016 Toulouse), WSK (2016 Manila)

event's photographic by POK

f:id:amatutitaki:20170709131806j:plain

  •   f:id:amatutitaki:20170709131126j:plain

    Merchandise dayyyyy yeah yeah

    7月22日~7月23日
    7月22日 10:00 ~ 7月23日 21:00
    Bacc หอศิลปวัฒนธรรมแห่งกรุงเทพมหานคร
    939 Rama 1 Road, Wangmai, Pathumwan, バンコク 10330

ライブスケジュール

f:id:amatutitaki:20170709131049j:plain

2017/07/13(Thu) 20:00~

ººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº
Yantra Mandir X Amatuti Dub Drawing Space
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº
Jerom El Duderino VS Kota Amatuti Taki
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº
Live Ambient & Experiemental Music
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº 
@ Twelve By Twelve - Thu. 13. July
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº
200B Entrance
ºººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººººº

f:id:amatutitaki:20170709131102j:plain

STYLISH NONSENSE proudly to introduce these great pioneers and musicians who gonna do collaboration for this concert "Carrier Wave" host by "come on is such a joy" at 12x12 Bar

"TENGGER" (from Korea), “electronic/psychedelic drone duo of musical travellers” (presently they have third member is their beautiful child)

formed under the name of "10" in Oct, 2005 Korea and has been touring extensively in Asia (Korea, Japan, China, Singapore, Malaysia, Thailand, Philippines, Vietnam, Indonesia), Europe (UK, Ireland, Iceland, Sweden, Spain, Portugal, Italy, Belgium, France, Germany, Czech), USA (east coast). THE WIRE, TimeOut, WFMU, Resonance FM, to name a few, introduced their music to Europian and American experimental music fans. 

"TENGGER" in Mongolian it means infinite sky, while in Hungarian it means ocean. 

As TENGGER, they are doing many projects about the sound art and analogue interactive performances.

https://www.facebook.com/tenggerland/
http://tengger.net/
https://www.youtube.com/watch?v=2lasXwORi7U

x

"KOTA TAKI" aka "AMATUTI DUB DRAWING SPACE" (from Japan presently base in Bangkok)
Electric guitarist (musical improvisation) /Composer/Song writer

Japanese born in 1969. Learnt classic piano since 1974 for 10 years. Composed since 1984 and started original song writing since then. Major debut from VICTOR ENTERTAINMENT (JAPAN) singed an exclusive artist contract in 1998. Solo career from 2003 and performed "Dub drawing space musical improvisation" about 1,500 times all over Japan. Immigrated to Thailand in 2011 and started musical activities from 2013.

https://www.facebook.com/kota.amatuti.taki/
https://www.youtube.com/watch?v=kD5Agm-H3Kg
https://soundcloud.com/kota-amatuti-taki/01-harenohi-01-2004

x

"Vichaya (s) Vatanasapt" AKA "The Photo Sticker Machine", Thailand legend electro-dub-lounge producer /composer, won Suphannahong National film awards for best film score over and over (2014-2016)
https://www.facebook.com/tpsmstudio/
https://www.youtube.com/watch?v=oE2Wgpg_GDQ

=

and on this July 20th the concert and collaboration with Stylish Nonsense will happen in Bangkok at 12x12 Bar Thonglor Soi Thararom2. If you are in Bkk, Don't miss this music journey experience.


Limited Ticket 400THB for 50 audiences only 
/ Door open at 8pm 
show start at 9pm end at midnight

recommend advance ticket please contact or message direct to Stylish Nonsense's inbox


more history and credits of Tengger oversea performance
Opening Acts : Lightning Bolt, OOIOO, Xiu Xiu, Sun Araw, Carsick Cars
Collaboration Artists : Li Jienhong, Li Daiguo, Shou Wang, Xiao He, Vavabond, Li Tieqiao, Sulumi, Yan Jun, Choi Taehyun, Kuang Program, Danpyunsun, Park Hoonmin, Miiin, Tenderign, Lee Hanjoo, Brown Wing Overdrive, Matthias Erian, Gil Dionisio, Doddodo, Ryosuke Kiyasu, Sato Yukie

Festivals : Dashanzi Internatonal Art Festival (2006 Beijing), 2pi Festival (2007 Hangzhou), Midi Festival (2006,2007,2008 Beijing), Experimentaclub (2007 Madrid), Infamous Carousel (2007 Paris), La Gaite Lyrique (2011 Paris), Manpower Festival (Lisbon 2014), Otherworlds (2016 Blackpool), Les Siestes Electroniques (2016 Toulouse), WSK (2016 Manila)

event's photographic by POK

f:id:amatutitaki:20170709131806j:plain

  •   f:id:amatutitaki:20170709131126j:plain

    Merchandise dayyyyy yeah yeah

    7月22日~7月23日
    7月22日 10:00 ~ 7月23日 21:00
    Bacc หอศิลปวัฒนธรรมแห่งกรุงเทพมหานคร
    939 Rama 1 Road, Wangmai, Pathumwan, バンコク 10330

バンコクの音はどんな音?

だいぶ前の話だけど、最初のソロ作品を作る為にアンビエントノイズを録ろうとマイクとレコーダーを持ってヘッドホン装着してひとりで山に入った。奈良県大峰山という女人禁制の修験者の修行場として有名な山だ。冬は山に慣れた人でも遭難するような厳しい山なのだけど入ったのは夏だった。俺が録りたかったのが鳥や虫の声や葉擦れの音や水音のような自然の中にあるノイズだったのが夏に行った理由だけど、あの頃の分別の付いていない視野の狭い俺ならば思い立ったら冬の山にでも入っていっただろう。雪の降り積もる音を録りたい…とか思ってなくてよかった。そんなことになっていたら今頃すっかりお山の土になっていただろう(笑)

登山口には結界の大きな鳥居があってそこから先は女性は入れない。その鳥居をくぐると本当に空気が変わる。聖域と言うのは本当にあるんだなぁと実感した瞬間だった。

www.youtube.com

今考えるとかなり妙な状況だった。録音中は俺は録音機のスイッチを入れて数分間じっと息を潜めて録り終わるまで待つわけである。山に登る格好をしていないヘッドホンをしてマイクを掲げ持った男が山の中に突然座り込んでいるわけで奇人変人レベルである。大峰山は今でも修験者の山なので山伏姿の修験者が錫杖をシャンシャン鳴らしながら山道を速足で歩いていく。修験者は独特の挨拶をする。山の中ですれ違う度に『ようおかえり』って言われたのはかなり印象的だった。俺は山に帰って来たんだ…って感じで感動したのを憶えている。実はびっくりしてたんだろうな…自分でも思い出すと気持ち悪いし。でもあの時は自分の目的を達成することに必死でまるで周りが見えていなかった。ひどいもんだった。

www.youtube.com

大峰山で録音した音は力強くて生命力に溢れていて美しかった。でも実際の音は俺の持っていた機材で録りきれるスケールの音ではなかった。巨木が立ち並ぶ森の中には周期的に霧が立ち込めては消え、生き物の鳴き声が生息している高度によって何層にも折り重なって音楽を奏でていて、それぞれのタイミングで明滅しながら互いに絡みあって巨大な生き物のように蠢いていた。どう足掻いても小さなコンデンサーマイク1本ではその素晴らしい音像のほんの一部しか録れなくて、なんとかして木に登ってみようかとか枝にロープをかけてマイクを釣り上げてみようかとか考えて山中をうろうろしてはみたが、深い山の中でひとりという状況である。結局何もできるはずがない。そのまま1時間ほどその場に立ち続けてその音を記憶することしかできなかった。音を録るという目的は達成できなかったが、そこに立ち続けた事はとても良い経験だった。森の中で俺は完全に異物だった。自分の事しか見えていないという心の状態も含めて完全に浮いていた。『おお!?俺はいったい何なんだ?』って感じである。今になってわかるが、あの時自分がとても小さい存在だということを理解したのだと思う。『なんだよ俺ぜんぜんたいしたことねえな』って感じだ(笑)なのでその後煮詰まるとよくひとりで山を歩くようになった。心の調整に良い。

www.youtube.com

その後は方針を切り替えて小さな音を集めた。小さな音をコラージュすれば自分なりに大きな世界を描けるだろうと考えたからだ。とにかく山の中まで来たからにはやれるだけのことをやらなくてはもったいないしとにかく進むしかない。道を外れた険しい場所に入らないと人が歩く音が入ってしまうので荒らさないように気を付けながら入っていくんだけど、午後になるとなんだか歩きにくい…と足元を見ると山歩きにまるで向いていないごついリングブーツで山に入っていた。そんなことにすら気づいたのは山に入っただいぶ後だったのだ。頭が悪すぎた。水も1本しか持ってなかったし、食料はほぼ持っていなかった。なので夕方頃には空腹と疲労でぼーっとしてくるし膝はガクガクだし寒くなってくるしでもはや遭難寸前である。

山を下りた時にはブーツはボロボロで歩くのにも苦労するくらいの靴擦れで足は傷だらけで腫れ上がっていた。ただ、テンションが上がっていたので痛みに気づいたのは再び結界を通り抜けて一般道路を下り始めた時だった。靴を脱いだら足がえらいことになっていてそこから忘れていた痛みが襲ってきて登山口からキャンプ地までの道のりは地獄だった。壊れた靴を両手に持って靴下で下って行った。洞川温泉と言う修験者向けの温泉街にたどり着いた時は街の灯りが桃源郷に見えた。

収穫は持って行っていたメモリーカード4枚分のデータ。でもこの登山の後で少しマシな考え方をするようになったのでそちらの方が収穫だったかもしれない。

www.youtube.com

そんなわけで今回も街の音を採集するところから製作開始。

バンコクの音はどんな音だろうな…。

ILL → ILLEST !!

f:id:amatutitaki:20170707065405j:plain

火曜日のセッションの様子。エフェクター山盛りで初っ端から暗く重く荒っぽい素晴らしく俺好みなPUNK臭の漂う我儘な音だったが、平日の素敵なBAR TIMEにはやはり似合わず、店主に『タキさんもっと明るいのやってよ!』とずっと怒られていた(笑)

『確かにその通り!』と思ったので雰囲気を変えようと試行錯誤してみたが、打ち合わせ無しでやって出た音である。要するにこの3人でやるとナチュラルにその世界になるわけでこれが素なのだ。無理に明るくしようとしてもなんだかどうしても不自然…てことで弾くのを止めてみたりひとりで弾いてみたりDJにまかせてみたり…もちろん楽しんでいるお客さん達もいたが、セッションを主導する者としてはお店の意見も含めて良いバランスが作れず反省しきりな夜だった。

www.youtube.com

最初から抑制された音より伸るか反るかって感じの方が突き抜けた時に良いってのは間違いない。BAR TIMEにやるのではなく深めのイベントでその音が好きな連中の為にやるべき音なんだろう。なので、プランを練って懲りずにまたやることにする。

 

このところバンコクは1日1回は暴風雨。その時間帯は歩けないくらい雨風がひどい。今月中旬にBACC前の野外のステージに出演予定だけど時間帯によってはかなりヤバそう。雨季だなぁ。機材が怖いなぁ。

すべては流れのままに

f:id:amatutitaki:20170702120548j:plain

昨夜 Bai Sha の撮ってくれた珍しく動きと表情のある写真。ソロの時は細かいことをやっているのでたいがいうつむいていて眉間に皺が寄っている。Joeとは長いのでなんとかなるしドラムパートを自分でやらなくてよいのでいつもより仕事が少なくて俺は精神的に解放されている。こんな顔自分でも初めて見たわ(笑)

昨夜も良いパーティーだった。機材は揃っていたし1番手だったのでGuitar amp + Bass amp 両方に突っ込んでのいつもよりアグレッシブなセット。年齢逆順で進行していたが、若くなるほど落ち着いた音になっていくってのが少し面白かった。

www.youtube.com

2006年にひとりでスタジオに入って制作した『TRIP IN SUMMER』amatuti dub drawing space 以来作品を録音していない。いろいろなところひたすらその場で消えていく音楽を弾き続けていた。何度か録ろうとしたが、売り物を作るって以外の意味を感じなかったのでやめてしまった。昨今アンダーグラウンドの連中も毎年CDを作って売る為にツアーを周って…ってビジネス的なルーティンを真面目に繰り返してるけど俺はそれができなかった。楽曲を作らないからってのもあるけど、売る為に締め切りつくっていつまでに何曲録って云々ってメジャーの時みたいなやり方で進行するのが気分的に鬱陶しかったという理由が一番でかい。ただの天邪鬼だな。曲も歌詞も書かず音源も作らない。ライブでMCもほぼやらないしお客さんを煽りもしない。単純に商業音楽をやっている時にオーダーされたことをすべてひっくり返すと俺の今のスタイルになる(笑)

ここのところも作品を録りたいって衝動に駆られていたが、昨夜ライブ終わりでPOKさんと話していてやっと肚が決まった。何をどうやるかももうわかっている。今回ももちろん最終俺がまとめるが、ひとりでは録らずにPOKさんにも共同制作者として入ってもらうことにしていろいろなミュージシャンに協力してもらう。曖昧なイメージを積み重ねて曖昧なまま表現する方向だ。でも曲は書くだろうし歌も言葉も使う。今回は今までこだわっていた細かいことはどうでもよい。今できることをすべて注ぎ込んでみる。時間はかかりそうだけど、とりあえず様々なアーティストが揃っているし面白いものはできると確信している。機が熟したってそんな感じだ。えらく長い道のりだったなぁ…と、いろいろな場所や紆余曲折を思い出しながらなんだかクリアな気分だ。

www.youtube.com

若いミュージシャンたちはルーパーに興味津々だ。どうやって踏んでるんだ?いつ切り替えてるんだ??って感じで質問が飛び交う。別に難しい踏み方はしていないけど、ループフェスティバルに出た時も他のループミュージシャンと使い方が違うという指摘を受けたので何か少し変なんだろう。何をどうしているかくらいはいつでも教えるけど、最終的にはループはたくさんあるアタッチメントのうちのひとつでしかないわけで、ルーパーを使ったから何でもできるってわけではない。先ずはメロディーやリズムやハーモニー、自分の音色といったミュージシャンとしてのベーシックな部分と音楽としてのクオリティーが無くてはいけない。正直、ループフェスの出演者の大半は機材が良いってだけでゲームのコンテストのようで音楽的な意味はほとんどなかった。手が動くとかうまくスイッチングできるとかは最終的には音楽とは関係ない。

俺がひとつだけ確信を持ってアドバイスできることはある。

マルチトラックレコーディングのようにバンドをひとりで再現するような使い方をするとクソつまらないし退屈で見る価値がないってことだ。なので、先ずは自分の部屋でループマシンを使って気が狂ったように弾いて弾いて弾きまくって、曲を自由に解体再構成できるようになってからステージに出ましょう。

 

www.youtube.com

本日は以上

 

Party at SOY SAUCE BAR BANGKOK

f:id:amatutitaki:20170630081050j:plain

明日は久しぶりにスコットランド人アーティスト/ドラマーの相方 Joe Delaney との自由気儘なセッションユニット wOOt rOOt としてパーティーに出演。出番は20時半頃から40分程。パーティーのラインナップはバンコクインディーシーンで活動するオルタナティブなバンドで構成されていて真夜中過ぎるとカオスなセッションに突入する予定。バンドはBaishaというバンコクを発って中国に移る女性のために集まっている…というよりライブが大好きで長年バンコク各所でいろいろなイベントに参加していた彼女が好きなバンドを全部集めたって感じのイベントだ。

wOOt rOOt はもともとJoeの始めたフリーセッションプロジェクトで様々なミュージシャンがいたのだけど、Joeと俺のあまりのフリーダム具合に誰もついてこられなくて結局メンバーがふたりに固定されてしまった。実際のところJoeの意向は『完全なる自由』なので、ふたりともエゴイスティックに演奏をする。急にリズムも変わるし、いつ終わるのかもわからないし、場所もお客さんも気にしない。リハーサルも打ち合わせも一切しないし、仲は良いんだけど普段から遊ぶわけでもない。ただ、忘れた頃に誰かからお呼びがかかるのでバンコクでの活動初期からずっと継続しているというなんとも不思議なユニットである。下の映像の演奏は比較的まともにやっているほうだ。

www.youtube.com

今回のパーティーには仲の良い若手ギタリストBankが曲を書いているバンコク中心に活動している sasiという若手バンドも出演する。

www.youtube.com

ボーカルのDuenの声が個性的で初めて聞いた時から気に入っている。彼等はギター/ボーカル、ギター、ツインドラムって変則的な編成のバンドでそれも好みだ。個人的な感想だけど昨年アルバムを発表してから急速に成長してとても良いバンドになってきた。主要ふたりはアーティストでもあるのでMV制作にも彼等の意向が反映している。因みにレコーディングとミキシングはStylish NonsenseのPokさんのお仕事。

www.youtube.com

そんなわけで明日はStylish Nonsenseも出演。映像は彼等が少し若くてタイのインディーシーンでイケイケでやってる頃のライブシーン。Pokさん本人はこのライブについて『このころの自分たちのテンションはちょっとわけわからない』と言っていたが、今も基本変わらずわけわからんと思うけどね(笑)

www.youtube.com

Flammable Goodsもバンコクの若手バンド。この前生で見る機会があった。まだ若いのでいろいろな有名バンドの影響が直接的に見えたりするけど曲のさばき方やコーラスワークがしっかりしていて今後面白くなりそうだなって感想だった。

www.youtube.com

そんなわけで面白そうなパーティーです。時間の合う方は是非。

bk.asia-city.com